急に出番がなくなった浅野拓磨。そのとき長谷部誠のアドバイスは…?

急に出番がなくなった浅野拓磨。そのとき長谷部誠のアドバイスは…?

急に出番がなくなった浅野拓磨。そのとき長谷部誠のアドバイスは…?の画像

 監督が代わると、こうまで状況が変わるものか。この冬、ハネス・ヴォルフに代わって、タイフン・コルクトが指揮を執るようになったシュツットガルトで、浅野拓磨にまったく出番が回ってこなくなってしまった。

 たしかに、シーズン前半戦も先発の座をつかみ切ったとは言い難かった。それでも17戦中15試合に出場し、そのうち7試合で先発。開幕戦を含めて3試合でフル出場し、1得点を挙げていた。ところが、負傷により出遅れたこともあるが、コルクト新監督が就任してからはベンチ外が続いてしまう。4試合目の第21節フランクフルト戦(2月24日)でようやくベンチ入りを果たしたものの、出番はなしに終わった。

 浅野が淡々と状況を説明してくれた。

「僕としては(調子は)そんな変わらないですけどね。いつも同じような感じでやっています。特に練習でも自分が調子悪いなとは感じてなかったので、早くメンバーに入れてくれという気持ちでしたけど、今回は入れてよかったです」


今年に入ってから出場機会を失っている浅野拓磨(シュツットガルト)

 ベンチに入れるかどうかの瀬戸際のラインにいることは自覚している。

「実際そうなっているので。監督がどう見ているかは、はっきりとはわからないですけど、自分の立ち位置としては危険なところにいるなと思っています」

 では、監督は何を求めているのか。監督からどう言われているのかを浅野に尋ねてみると、ちょっと不思議な答えが返ってきた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)