ユース監督・永井秀樹は「寝ている間も夢の中で指導のことを考えた」

ユース監督・永井秀樹は「寝ている間も夢の中で指導のことを考えた」

ユース監督・永井秀樹は「寝ている間も夢の中で指導のことを考えた」の画像

永井秀樹「ヴェルディ再建」への道(9)
〜ユース指揮官としての1年(後編)
(8)はこちら>

指導者1年目のシーズンについて語った永井秀樹


指導者となって1年目
永井が最も印象に残った出来事

 2017年、永井秀樹は東京ヴェルディユースの監督に就任した。その最初の1年が終了。チームを去る3年生を送り出したあと、永井にこの1年間について、改めて振り返ってもらった。

――シーズンを終えて、率直な感想を聞かせてください。

「(ジェフユナイテッド市原・千葉U−18と対戦した)プリンスリーグ関東の最終節(1−1)、勝つことはできなかったけれど、試合内容は納得できるものだった。続けてきたことの成果は出せた。勝敗の責任はすべて自分にある。選手は確実に成長した」

――この1年を振り返って、印象深い出来事はありますか。

「(プリンスリーグ関東の)ひとつ前の試合(vs流通経済大柏)で負けたあと、ミーティングで選手たちが涙を流しながら、今どんな思いでいるのか、話をしてくれた。その様子を見て、自分もつい、もらい泣きした。

 現役時代、Jリーグで優勝しても泣いたことはなかったし、横浜フリューゲルス在籍時にクラブ消滅が決まっている中で、最後に天皇杯で優勝したときも涙は出なかった。現役時代に泣いたのは、味スタの引退式でのスピーチのときだけだった。だから、自分でも不思議な気持ちになった。

 今までとはまったく違うサッカー、フォーメーション……、どれひとつとっても(選手たちは)新しいものを求められ続けてきた。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)