愛された2人。中村俊輔、森本貴幸は今も南イタリアの人々の心に残る

愛された2人。中村俊輔、森本貴幸は今も南イタリアの人々の心に残る

愛された2人。中村俊輔、森本貴幸は今も南イタリアの人々の心に残るの画像

セリエA日本人選手20年の系譜(2)

(1)を読む>>

「中田英寿の活躍を見て、多くのクラブチームが”2人目の中田”を狙って日本人を獲得するようになったんだ。例えば、やはり狡猾な会長(イタリアにはこの手合いがたくさんいる)、マウリツィオ・ザンパリーニもガウッチの成功に倣おうとしたひとりだ」

 スポーツ紙の記者として長いキャリアを誇るパオロ・フォルコリン氏はこう振り返る。

 1999年、ザンパリーニ会長は自分のチーム、ベネチアに名波浩を獲得した。ちなみにこの時の監督はルチアーノ・スパレッティ。現在はインテルの監督を務める名将である。彼はそれまで名波のプレーを見たことはなかったが、その前評判は聞いていたという。

「例えば名波と同じジュビロでプレーしたことのあるサルバトーレ・スキラッチは『彼は素晴らしいアシストで俺に多くのゴールを決めさせてくれたし、そのFKの威力は容赦なく、ジュゼッペ・ジャンニーニを彷彿させた』と言っていた。ザンパリーニ会長も『アルバロイ・レコバと同じ才能の持ち主だ』と絶賛した。

 ただ、サポーターの反応だけは悪く、彼らは皮肉っぽく『ベネチアには毎年多くの日本人がやってくる。ひとりぐらいサッカーをさせてやってもまあいいか』などと言っていた。実際に名波のプレーを見たスパレッティは途方に暮れたんじゃないだろうか」

 名波は24試合に出場したが、アシストも少なく、ゴールは1点だけだった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)