アンコールプリュは次元の違う末脚だ。桜花賞へ、新たなスター登場か

アンコールプリュは次元の違う末脚だ。桜花賞へ、新たなスター登場か

アンコールプリュは次元の違う末脚だ。桜花賞へ、新たなスター登場かの画像

2018年クラシック候補たち
第5回:アンコールプリュ

 およそ1カ月後に開幕する春の3歳クラシック。基本的には2歳時から重賞やオープン戦で活躍してきた面々が主力と目されるが、成長著しいこの時期だからこそ、あとから頭角を現してきた”新星”が一気に勢力図をひっくり返すケースもある。

 3月11日に行なわれる桜花賞トライアル、GIIフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)に出走予定の馬の中にも、そんな青写真を描いている存在がいる。

 栗東トレセン(滋賀県)の友道康夫厩舎に所属するアンコールプリュ(牝3歳/父ディープインパクト)である。


NHKマイルCで2着となったアンコールプリュの兄ブラックシェル

 同馬は、GINHKマイルC(東京・芝1600m)で2着、GI日本ダービー(東京・芝2400m)で3着となった半兄ブラックシェル(父クロフネ)が上にいる良血馬だ。

 デビュー戦は、昨年12月3日の2歳新馬(阪神・芝1600m)。スタート後、3、4番手の好位につけると、直線を向いてからは一瞬前が壁になるシーンがあったものの、狭いところを抜け出してきて初陣をモノにした。
 だがそれよりも、この馬に対する評価が急上昇したのは、その2週間後に挑んだ2戦目の結果を受けてのことだろう。500万下特別のつわぶき賞(12月16日/中京・芝1400m)に出走すると、強烈な内容で連勝を飾ったのである。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)