ベガルタ仙台の開幕2連勝は「不吉な兆候」か? 昨季との違いを検証

ベガルタ仙台の開幕2連勝は「不吉な兆候」か? 昨季との違いを検証

ベガルタ仙台の開幕2連勝は「不吉な兆候」か? 昨季との違いを検証の画像

FC東京に競り勝って開幕2連勝を飾ったベガルタ仙台

 開幕2連勝という絶好のスタートダッシュも、ベガルタ仙台にとっては不吉な兆候なのかもしれない。

 J1第2節、仙台はFC東京を1−0で下した。柏レイソルを1−0で破った開幕戦に続き、無失点での2連勝である。

 だが、仙台を率いる渡邉晋監督は喜びに浸る様子を見せずに、こう語った。

「去年も開幕から連勝したが、その後は全然だった。(次節の)ヴィッセル神戸戦の前にルヴァンカップもあるが、次へ向けて粛々と準備していきたい」

 指揮官の言葉にあるように、仙台は昨季も開幕戦から2連勝でシーズンをスタートした。

 ところが、第3節以降の5試合で、3連敗を含む1勝4敗と急失速。以降、勝ち点は伸び悩み、最終順位は12位に終わった。

 しかも、昨季の開幕2連勝もスコアはいずれも1−0。今季の状況と酷似しているのだから、渡邉監督が気を引き締めるのも無理はない。

 連勝スタートに浮かれるどころか、むしろ慎重さを増していたのは、指揮官だけではない。決勝点を決めたFW石原直樹もまた、「去年も開幕2連勝で、ああいう順位(12位)だった。去年との違いを見せられるように(次の試合へ)準備したい」と語っていた。
 選手や監督から、こうした言葉が聞かれるのは、当然彼らに自戒の思いがあるからに違いない。だが、それと同時に、昨季の失敗を堂々と口にできるのは、同じ轍(てつ)は踏まないという自信の裏返しでもあるのだろう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)