本田、長友は去っても「イタリアのクラブは日本人をほしがるだろう」

本田、長友は去っても「イタリアのクラブは日本人をほしがるだろう」

本田、長友は去っても「イタリアのクラブは日本人をほしがるだろう」の画像

セリエA日本人選手20年の系譜(3)

(1)から読む>>

 2006年から2010年の間は、新たな日本人選手がイタリアに上陸することはなかった。しかし、その流れが再開したときに”大物”を釣り上げることになる。長友佑都だ。


2010年、FC東京からチェゼーナに移籍した長友佑都

「長友が最初に移籍したチェゼーナは、決してビッグクラブではないが、優れたサッカーの伝統があるチームだった。ここで彼はすぐに頭角を現す。直接ビッグクラブに行かず、ワンステップ置いてイタリアのサッカーに慣れたことは賢明だったね。機敏でスピーディーなプレーで彼は左サイドを支配した」

 70年代からイタリアのスポーツ紙の記者を務めてきたパオロ・フォルコリン氏はそう語る。

 イタリアのクラブがそれまで獲得した日本人選手はみな、アタッカーか中盤の選手。長友はセリエA初の日本人DFだった。そして天性のフレンドリーな人柄もあって、彼はたちまちチームに、イタリアに溶け込んでいった。

 そんな長友に注目していたビッグクラブがあった。インテルだ。インテルは獲得を決断し、長友はここで日本人選手最長の7シーズンを過ごすこととなる。出場試合数は通算171試合、ゴールは9。サイドバックの選手としては決して少ないものではないだろう。

「インテルに来ても長友は明るく陽気で、真面目で物静かで内向的という、我々の持つ日本人のイメージを一気に吹き飛ばしてくれた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)