シャチホコも驚く金鯱賞の穴馬2頭。「波乱の昨年」にソックリだがや

シャチホコも驚く金鯱賞の穴馬2頭。「波乱の昨年」にソックリだがや

シャチホコも驚く金鯱賞の穴馬2頭。「波乱の昨年」にソックリだがやの画像

 3月11日に行なわれるGII金鯱賞(きんこしょう/中京・芝2000m)は、GI大阪杯(阪神・芝2000m)のステップレースとして、昨年からこの時期の施行へと変わった。

 そして、その昨年は波乱の結末だった。

 勝ったのは1番人気のヤマカツエースだったが、2着に7番人気のロードヴァンドールが逃げ粘り、3着には13番人気のスズカデヴィアスが突っ込んできた。その結果、3連単は19万2050円の高配当となった。

 移設2年目の今年も、大阪杯を目指す強豪が集結。GI2勝のサトノダイヤモンド(牡5歳)をはじめ、昨年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)2着馬スワーヴリチャード(牡4歳)に、前年の覇者ヤマカツエース(牡6歳)と、一線級が顔をそろえた。

 各々の実績を考えると、その壁はかなり厚い。しかし昨年も、実績のある有力馬や評判馬が数多く出走しながら”荒れた”。その前例を踏まえれば、今年も波乱があってもおかしくない。

 そこで今回も、昨年の結果を参考にして、穴を開けそうな伏兵馬を探してみたい。

 まずは、昨年2着のロードヴァンドール。同馬は、前年の11月に1000万条件を勝ち上がった。その後、昇級初戦の1600万特別(12月)では3着に終わったものの、年明けに再び挑んだ1600万特別(1月)では見事に勝利を飾って、オープン入りを果たした。

 すると、すかさずGIII小倉大賞典(小倉・芝1800m)に挑戦。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)