イラ立つ小林悠。王者フロンターレ、油断のドローでACLは崖っぷち

イラ立つ小林悠。王者フロンターレ、油断のドローでACLは崖っぷち

イラ立つ小林悠。王者フロンターレ、油断のドローでACLは崖っぷちの画像

 昨季のJ1王者が、崖っぷちに追い込まれた。

 3月7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第3節が行なわれ、川崎フロンターレはメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と2−2で引き分けた。

 全6節のうち半分を終え、いまだ勝利のない川崎は、1分け2敗の勝ち点1でグループFの最下位。アジア制覇どころか、グループリーグ敗退の危機に瀕している。


土壇場で追いつかれて、勝利を逃したフロンターレ

「選手は勇気を持って戦ってくれたが、勝ち切れず、その悔しさしかない。スキを見せずに最後まで戦いたかったが、残念な結果になった」

 2度のリードを奪いながら、2度とも追いつかれたうえ、2失点目は勝利目前のロスタイム。いつもは結果に左右されず、淡々と前向きな言葉を口にすることの多い鬼木達監督も、さすがにショックの色は隠し切れなかった。

 2連敗を喫していた川崎がすでに苦しい状況にあったのは間違いないが、この試合をものにすれば、逆襲への足掛かりができるとの思いは、指揮官にも当然あっただろう。

 3戦目の相手は、グループFで最も力が落ちると見られるメルボルン。しかも、川崎のホームゲーム。流れを変えるための条件はそろっていた。
 ところが、結果は「求めていたものとは大きく違った」(鬼木監督)。

 この試合、川崎は決して自分たちのよさを出せなかったわけではない。鬼木監督は「選手は自分たちらしさを出して戦ってくれた」と言い、先制ゴールを決めたDFエウシーニョも「自分たちのスタイルは出せている」と振り返った。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)