なでしこ、最終戦を0封負け。この攻撃力でアジアカップを戦えるのか

なでしこ、最終戦を0封負け。この攻撃力でアジアカップを戦えるのか

なでしこ、最終戦を0封負け。この攻撃力でアジアカップを戦えるのかの画像

「ようやく自立した戦いができるようになった」
 高倉麻子監督のその言葉を結果として示すためにも、チームとしては3連勝で自信につなげたかった最終戦だが、世界ランク5位のカナダに0−2の完封負けを喫した。これでアルガルベカップは2勝2敗、6位に終わった。

なでしこの得点源となるべく、すべての試合に出場した岩渕真奈

 今大会は天候に恵まれなかったが、カナダ戦も結局90分間、雨は降り続いた。その中でも日本の立ち上がりは悪くなかった。だが、目指す”ボールに行くプレス”も効き、相手のスピードにギリギリのところで張り合いながら、ハマり始めたと感じた矢先に失点してしまう。
 20分、クロスを入れさせまいとブロックに入った中島依美(INAC神戸)の手にボールが当たったことで、一瞬日本のプレーが止まってしまった。その隙にジャニン・ベッキーが豪快に逆サイド右隅へゴールを叩き込む。シュートも素晴らしかったが、日本が止まることなく対応していれば幾分コースを切ることができたはずで、なんとも悔やまれる瞬間だった。
 2失点目も防げたはずのものだった。後半の立ち上がり、クリスティーネ・シンクレアのパスを最終ラインまで入っていた長谷川唯(日テレ・ベレーザ)がカットしてボールは力なく中へ。ここでピンチを切り抜けたかに思われた。GK山下杏也加(日テレ・ベレーザ)もクリアするために走り出していた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)