負けないが、勝てないセレッソ。原因は開幕戦「幻のゴール」の呪縛か

負けないが、勝てないセレッソ。原因は開幕戦「幻のゴール」の呪縛か

負けないが、勝てないセレッソ。原因は開幕戦「幻のゴール」の呪縛かの画像

 ひとつも負けていないが、勝ってもいない。

 それが、J1第3節を終えての、セレッソ大阪の成績である。

 3引き分けで勝ち点3は、よく言えば無敗だが、悪く言えば1勝2敗と同勝ち点であり、黒星先行に等しい。とにもかくにも勝ち切れず、歯がゆい試合ばかりが続いている。


第3節の柏レイソル戦も引き分けに終わったセレッソ大阪

 第3節の柏レイソル戦も、そんなセレッソの現状を象徴するかのような試合だった。

 試合開始わずか4分にして、自陣でのDFマテイ・ヨニッチのパスミスから簡単に失点。その後はセレッソの攻勢が長く続いたが、MFソウザのミドルシュートで1点を返すにとどまり、3戦連続の引き分けとなった。FW杉本健勇が悔しそうに口を開く。

「(3引き分けは)負けないとも言えるが、引き分けではダメ。チームを勝たせるプレーをもっと見せないといけない」

 最初の一歩が踏み出せず、なかなか波に乗れない今季のセレッソだが、思えばケチのつきはじめは、J1開幕戦ではなかったか。

 ホームで横浜F・マリノスと対戦したセレッソは前半、鮮やかなパスワークで相手ディフェンスを完璧に崩し切り、最後はFW柿谷曜一朗が難なくシュートを流し込んだ。これでセレッソ先制、のはずだった。

 ところが、判定は柿谷のオフサイドでノーゴール。試合映像を見直す限り、MF福満隆貴からラストパスが出た瞬間、柿谷は完全にオンサイドのポジションにいたが、新シーズン開幕の晴れ舞台を彩る”祝砲”は幻となった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)