恩返しの「アーセナル学校」。ベンゲルが日本サッカー界に残したもの

恩返しの「アーセナル学校」。ベンゲルが日本サッカー界に残したもの

恩返しの「アーセナル学校」。ベンゲルが日本サッカー界に残したものの画像

【短期連載・ベンゲルがいた名古屋グランパス (10)】

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)から読む>>


1998年に、プレミアリーグとFAカップの2冠を手にしたベンゲル photo by Reuters/AFLO

アーセナルでの再会とインパクト

 本当にここに、クラブハウスがあるのだろうか――。

 ハイウェイ沿いの一本道、殺風景な路地でタクシーを降ろされた中西哲生と平野孝は不安にかられていた。周囲には看板もなければ、目印となるものもない。しかし注意深く見ると、住居が数軒並ぶ脇の小路の先に、黒くて大きな門がある。2人はそこに近づいていった。

 2001年1月、中西と平野はアーセン・ベンゲルに会うために、ロンドン郊外を訪れた。
 
 前年限りで現役生活にピリオドを打った中西は、今後の身の振り方を考えるうえで、まずはトップ・オブ・トップのサッカーを見ておきたい、と考えていた。

「ベンゲルの最後の試合になったレイソル戦の前日、練習が終わった後に『引退したら見に行ってもいいですか』とベンゲルに聞いたら、『いつでも構わない。連絡先はグランパスに伝えておくから』と言ってくれたんです」

 引退を決めたあと、さっそくベンゲルにFAXを送り、訪問の希望を伝えた。それから1、2回やり取りをしたが、最後の返事は届かなかった。

「ベンゲルも忙しいんだろうな、と思って、アポイントに対する正式な承諾を得ないままロンドンに行ったんです。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)