原口元気、スマホ禁止から復活。代表入りは「なんともアレですけど…」

原口元気、スマホ禁止から復活。代表入りは「なんともアレですけど…」

原口元気、スマホ禁止から復活。代表入りは「なんともアレですけど…」の画像

 原口元気にとって、それは予想だにしないアクシデントだった。

 ヘルタ・ベルリンから2部フォルトゥナ・デュッセルドルフに加入して3試合目、先発して2試合目のザントハウゼン戦。相手のMFフィリップ・クリングマンとの競り合いで頭部を衝突させた原口は、後半5分で退いた。

 クリングマンは担架で運ばれたものの、原口は歩いてピッチを出たことから、当初は軽傷と予想された。だが、実際は脳震盪(しんとう)を起こしており、その後の約10日間は、読書やテレビ、スマホ、音楽なども禁じられて、安静にしなくてはならないという苦しい生活が続いた。


デュイスブルク戦に先発、84分までプレーした原口元気(デュッセルドルフ)

 やがて少しずつ練習に参加できるようになり、試合に戻れたのは離脱から1カ月以上たった3月4日のザンクトパウリ戦だった。ただし、そのザンクトパウリ戦の試合中も、時間帯によってはめまいが起こるような状態だったという。幸い、その後の回復は順調で、続く3月11日のデュイスブルク戦では出場時間も84分にまで伸びた。ほぼ完治したと言ってよさそうだ。

 そもそも原口が2部のチームに来てまで求めたのは、出場機会を増やし、それによりトップコンディションを取り戻すことだった。そして、ヘルタ時代の守備も頑張れる攻撃的MFというより、浦和レッズ時代のようにゴール前に入って仕事をする、そんなプレーを取り戻すことをテーマとしていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)