森岡亮太、ベルギーでの成功を語る。辺境からW杯へ、すさまじい出世

森岡亮太、ベルギーでの成功を語る。辺境からW杯へ、すさまじい出世

森岡亮太、ベルギーでの成功を語る。辺境からW杯へ、すさまじい出世の画像

 3月11日、森岡亮太の所属するアンデルレヒトはベルギー1部リーグのレギュラーシーズン最終戦を行ない、ホームに迎えたアントワープを2−1で下した。開始3分にセンターバックのDFレアンデル・デンドンケルが退場となるアクシデントに見舞われたが、アンデルレヒトのイレブンは気落ちすることなく、「俺たちが勝つんだ」という姿勢を最後まで崩さなかった。


アントワープ戦でもPKを獲得して存在感を示した森岡亮太

「ひとり減ったあとの、あの雰囲気……。『優勝争いをするチームは、こういう(=絶対に勝つ)雰囲気なんだろうな』というのを感じました」(森岡)

 77分にFWシルベール・ガンボウラが決めた決勝点のPKは、森岡が倒されて奪ったものだった。アンデルレヒトに入団してから約1ヵ月半――。当初はチームに馴染めなかった森岡だが、ハイン・ファンハーゼブルック監督に「フリーランニングで相手と『1対1』の状況を作る」という個人戦術を授けられてからは、相手にとって脅威となるプレーが増えてきた。

 また、試合ごとにチームメイトとの連係も向上してきた。MFスヴェン・クムス、MFアドリエン・トレベル、MFピーター・ゲルケンス、MFケニー・サイエフらとのパス回しに、森岡は「やりながら見ていて『うまいなあ』と思います」と感嘆するが、そう言う本人こそ中盤とFWウカシュ・テオドルチュクをつなぐアンデルレヒトの生命線なのだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)