スプリングSは「ひっそり系穴馬3頭」が目立たぬように隠れているぞ

スプリングSは「ひっそり系穴馬3頭」が目立たぬように隠れているぞ

スプリングSは「ひっそり系穴馬3頭」が目立たぬように隠れているぞの画像

 GI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)のトライアル戦、GIIスプリングS(中山・芝1800m)が3月18日に行なわれる。

 熾烈な出走権争いが繰り広げられるうえ、舞台はコーナーが4つあって、紛れも多い芝1800m戦。たとえ評価の低い馬でも、条件や展開次第では十分に上位進出の可能性がある一戦だ。

 過去の結果を見ても、しばしば波乱が起こっている。2008年は、6番人気のスマイルジャックが1着となり、2着にも11番人気のフローテーションが突っ込んできて、1番人気のショウナンアルバが3着に入ったものの、3連単は18万4520円の高配当となった。

 ならば、今年も”荒れる”ことを想定して馬券検討をしてみる価値はある。そこで過去10年の傾向を参考にして、上位に食い込んできそうな穴馬を探してみよう。

 まず着目したいのは、重賞経験豊富で、そこでもそれなりの走りを見せながら、低評価にとどまってしまうタイプだ。

 例えば、先述したスマイルジャック。同馬は、3走前のGIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)で3着と善戦し、続く500万下特別では3着に終わったが、前走のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)では再び2着と好走していた。

 だが、新馬戦以降はなかなか勝ち星を挙げられず、好走した重賞も「相手関係や展開に恵まれた」と見られて、6番人気という評価に甘んじた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)