桜花賞へ「3強」も恐れぬアーモンドアイ。ゆっくり休んで末脚爆発!

桜花賞へ「3強」も恐れぬアーモンドアイ。ゆっくり休んで末脚爆発!

桜花賞へ「3強」も恐れぬアーモンドアイ。ゆっくり休んで末脚爆発!の画像

2018年クラシック候補たち
第7回:アーモンドアイ

 牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)。その行方を占う重要なトライアル戦、GIIチューリップ賞(3月3日/阪神・芝1600m)は、1着ラッキーライラック、2着マウレア、3着リリーノーブルという結果となり、昨年の「2歳女王決定戦」GI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)と同じ顔ぶれが上位を占めた(※阪神JFの着順は、1着ラッキーライラック、2着リリーノーブル、3着マウレア)。

 この結果から、今年の牝馬クラシックはこれら3頭が中心となり、その壁はかなり厚いと見られている。だが、もう1頭、その牙城を崩すことができる存在として、大きな期待を集めている馬がいる。

 美浦トレセン(茨城県)の国枝栄厩舎に所属するアーモンドアイ(牝3歳/父ロードカナロア)である。


牡馬相手にシンザン記念を快勝したアーモンドアイ

 デビューしたのは、昨年8月の2歳新馬(8月6日/新潟・芝1400m)。断然の1番人気に支持されながら2着に敗れたが、後方から馬群をさばくのに手間取って、完全に脚を余しての敗戦だった。

 その鬱憤(うっぷん)を晴らすように、2戦目の2歳未勝利(10月8日/東京・芝1600m)では、後続に3馬身半差をつける圧勝劇を披露。直線に入って、他馬が懸命に追われているのを尻目に、鞍上が持ったままで抜け出すレースぶりには多くのファンが度肝を抜かれた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)