本場を知るBリーガーも驚く才能。渡邊と八村が海外で活躍できる理由

本場を知るBリーガーも驚く才能。渡邊と八村が海外で活躍できる理由

本場を知るBリーガーも驚く才能。渡邊と八村が海外で活躍できる理由の画像

2月18日、「Rakuten TV」が主催する『NBA ALL−STAR 2019 PUBLIC VIEWING PARTY presented by Rakuten TV』が東京タワーメディアセンターで開催された。スター選手たちのプレーを巨大スクリーンで楽しめるイベントには約500人のファンが集結。178−164(TEAMレブロンが勝利)とハイスコアゲームになったオールスターを堪能した。
 この日のゲストとして、タレントの安田美沙子さん、マギーさんと共に、富山グラウジーズの比留木謙司(33歳)、横浜ビー・コルセアーズの田渡凌(25歳)が出演。現役Bリーガーによる解説、選手たちの細かな情報が熱戦をさらに盛り上げた。
 比留木と田渡は、高校卒業後にアメリカに渡り、プレーを磨いた経験がある。そんなふたりに、現在のNBA、世界トップレベルの環境で奮闘する渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)と八村塁(ゴンザガ大)の印象などを聞いた。


日本代表としても活躍した八村(左)と渡邊(右)photo by Kyodo News

――今年のNBAオールスターで印象に残った選手は?
田渡 「特別枠」で出場したダーク・ノビツキー選手ですね。9得点(約4分間で3ポイントを3本成功)ではありましたが目に焼きつきました。もらったチャンスをモノにできるのは、それだけの準備ができる選手であることの証明です。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)