武藤嘉紀が3連続ベンチ外でピンチ。3つの理由でポジションがない

しかし現状、18人の選手枠に入ることすらできない。上記した3つの理由から、武藤の苦境は、もうしばらく続くのではないか。

 2月23日に行なわれたハダースフィールド戦後、ベニテス監督は武藤について次のように語った。

「練習でよくやっているし、私は非常に満足している。だが、18人の登録枠を考えると、我々にはサロモン(・ロンドン)がいる。武藤は、セカンドストライカーとしてプレーする試合で必要だった(=実際には1トップでプレーした)。彼に必要なのは、チームに入るために今後もハードワークをこなしていくこと。チャンスを待つ必要がある」

 チームは2連勝を飾り、順位を13位まで押し上げた。好調を維持しているため、先発メンバーの大幅な入れ替えは当面なさそうだが、ベンチメンバーについてはローテーション制が組み込まれる可能性はある。そのなかで、いかに自分をアピールしていくか──。

 まず武藤は、そこで手がかりを見つけたい。

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)