ヴィッセルの西大伍が断言。今季の見どころは「僕です!」

今のところはまだチームが始動して間もないので、外から見ていた時に受けていたのと同じくらいの刺激しか受けていませんが(笑)、実際にシーズンが進んで、僕を含めてそれぞれのコンディションが高まっていけば、必然的に刺激は増えるだろうな、と想像はできる。それが自分のサッカー観に与える影響もすごく楽しみです。
 プレシーズンでは、3−3−3−1をベースに流動的にフォーメーションを変化させながら戦ってきましたが、(フアン・マヌエル・)リージョ監督の考え方はすごく面白いなと思います。ただ、このフォーメーションを機能させるには、どのポジションに入る選手にも頭のよさが求められるし、チームの総合力も求められますからね。それぞれの選手がもっと状況を感じて動けるようになれば、面白くなるはずですが、今はまだまだその部分での課題が多いです。

 それを機能させるには、僕自身は、もっと監督の言うことを聞くところと、聞かないところのバランスが大事だと思っていますが、正直、今はまだチーム全体が監督のもとでサッカーをしている時間がそう長くはないので、言うことを聞くことに終始するのは仕方がない部分もあるのかな、と。僕も最初はそうしでした……今はもうやめたけど(笑)。

 やめたというか、リージョ監督の考え方は理解したので、それをもとに自分のプレーをすればいい、という考え方にすでに切り替わっています。

関連記事(外部サイト)