チューリップ賞は、名門一家の2頭が本命ダノンファンタジー越えを狙う

チューリップ賞は、名門一家の2頭が本命ダノンファンタジー越えを狙う

チューリップ賞は、名門一家の2頭が本命ダノンファンタジー越えを狙うの画像

3月2日、阪神競馬場では桜花賞トライアル・GIIチューリップ賞(芝1600m)が行なわれる。

 今年のレースは、昨年の最優秀2歳牝馬で、GIIIファンタジーS(京都・芝1400m)、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を含む3連勝中のダノンファンタジー(牝3歳/栗東・中内田充正厩舎)の”2019年始動戦”として大きな注目を集めている。

 やはりダノンファンタジーが圧倒的な人気を集めそうだが、成長著しい3歳牝馬が出走するレースのため、急激に力をつけて同馬を上回る馬が出てくる可能性も低くない。今回はそんな馬を探してみよう。

 筆頭に挙げたいのは、ブランノワール(牝3歳/栗東・須貝尚介厩舎)だ。


チューリップ賞で重賞に初挑戦するブランノワール

 昨年12月22日、チューリップ賞と同じ阪神・芝1600mで行なわれたデビュー3戦目の未勝利戦で勝ち上がり、前走のOPエルフィンS(京都・芝1600m)では4番人気ながら、1着のアクアミラビリスから1馬身1/4差の2着に入っている。勝ったアクアミラビリスの瞬発力はケタ違いだったが、好位追走から早めに先頭に立つ正攻法の競馬で、ゴール前も脚色は衰えず。3着以下の馬を寄せつけない好内容だった。

 未勝利戦の走りも、時計は平凡ながら稍重(ややおも)の馬場を苦にせず、ゴール前では後続を突き放して手綱を緩める余裕があった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)