「ラグビーW杯も東京五輪も両方出る!」怪物・藤田慶和の野望

「ラグビーW杯も東京五輪も両方出る!」怪物・藤田慶和の野望

「ラグビーW杯も東京五輪も両方出る!」怪物・藤田慶和の野望の画像

2016年のリオデジャネイロオリンピックで、日本男子セブンズ(7人制ラグビー)は4位入賞という快挙を成し遂げた。しかし、2016年以降は思うように強化が進まず、昨年のセブンズ・ワールドカップでは15位という結果に沈んでしまった。


2年半ぶりにセブンズのメンバーに選ばれた藤田慶和

 ただ、2020年には東京オリンピックが控えている。2018−2019シーズン、日本は世界10カ国を転戦して戦うワールドシリーズに全大会出場できる「コアチーム」に再び昇格。来年のオリンピック自国開催に向けて、より一層の強化に努めている。

 そのワールドシリーズは、アメリカ・ラスベガス大会(5大会目/3月1日〜3月)とカナダ・バンクーバー大会(6大会目/3月8日、9日)が続けて開催される。その北米遠征のために選ばれた男子セブンズ日本代表12人のなかに、15人制日本代表31キャップを誇る藤田慶和(パナソニック ワイルドナイツ)の名前が久しぶりにあった。

 藤田は現在、スーパーラグビーチームのサンウルブズにも、日本代表候補合宿のメンバーにも選ばれていない。それでも、7人制男子日本代表の強化合宿を経て、リオデジャネイロオリンピック以来のセブンズ入りに心を躍らせている。

「セブンズで活躍すれば、サンウルブズや日本代表に呼ばれるかもしれない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)