菊池雄星が告白。移籍真相とイチロー愛「マリナーズがダントツでした」

菊池雄星が告白。移籍真相とイチロー愛「マリナーズがダントツでした」

菊池雄星が告白。移籍真相とイチロー愛「マリナーズがダントツでした」の画像

菊池雄星インタビュー(前編)
 花巻東高時代からメジャーへの憧れを抱き続けていた菊池雄星が、ついにその夢を叶えた。オフにポスティングでのメジャー移籍を表明し、菊池が選んだチームはシアトル・マリナーズだった。メジャーのユニフォームに袖を通した今、何を思うのか。メジャー挑戦までの経緯、マリナーズに決めた理由、すべてを語った。

ポスティングによりマリナーズ入団を果たした菊池雄星

── ついに夢が叶いました。メジャーに来て、今、どんなことを感じていますか。
菊池 ホントですね……プロに入って5年目ぐらいまでは、メジャーへ行けるなんて思いもしませんでした。日本で一軍にいられるかどうか、ライオンズでローテーションを守れるかどうか、いかにして2ケタ勝つか、みたいなところで戦っていた時は、高校の時にメジャーへ行きたいと思っていた気持ちにフタをしていましたからね。ケガもありましたし、ほかにもいろいろあって……もうメジャーはあきらめなければならないのかな、と考えていた時期が長かったように思います。
── そのフタをした気持ちは、その後、自然とフタが開いていたのか、それとも何かをきっかけに自分でもう一度、フタを開けたのか、そこはいかがでしょう。
菊池 心の奥底ではずっと行きたかったんですけど、今の実力じゃ無理だという状態が続いていました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)