今井正人が粘りの走り。元祖・山の神には「休む勇気」が必要だった

今井正人が粘りの走り。元祖・山の神には「休む勇気」が必要だった

今井正人が粘りの走り。元祖・山の神には「休む勇気」が必要だったの画像

日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)も出場し、日本勢の好記録再びと期待された3月3日の東京マラソン。あいにくの雨に加えて、気温はスタート時が5.7度、ゴール時は4.9度と厳しい条件の中での戦いになった。

一度は先頭集団から離されたものの、ラストは日本人2位に入った今井正人

 レースはペースメーカーが下り基調の最初5kmを14分37秒で引っ張り、次の5kmも14分32秒、そのあと、中間点通過は1時間02分02秒と、2時間3分台も狙えるハイペースで進んだ。
 そのトップ集団についた日本勢は、すでに9月のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)出場を決めている大迫と中村匠吾(富士通)、佐藤悠基(日清食品グループ)だった。だが22kmを過ぎたあたりから日本勢は全員が遅れ始める展開に。
 いつもより肩に力が入った感じで集団の後方を走っていた大迫は「スタート地点から寒くなって、身体が動かなくなった」と29km地点で棄権。37kmまで日本人トップを走っていた佐藤も「30kmを過ぎてから急に寒くなって(身体が)動かなくなった」と最後は16位に落ちた。また、中村も15位と失速して、途中まで世界レベルの記録を狙うレース展開だったが、寒さという悪条件に阻まれてしまった。
 一方、優勝したビルハヌ・レゲセ(エチオピア)は、ペースメーカーが外れた30km過ぎから並走していたビタン・カロキ(横浜DeNA)を徐々に突き放し、ほとんどの選手が16分台に落ち込んだ35〜40kmも15分04秒で走り、ラスト2.195kmも唯一の6分台でカバー。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)