誰もが認める西川龍馬の天才的打撃力。広島のセンター争いが面白い


 昨シーズンまで代打の一番手だった新井貴浩が抜けたことで、実績のある西川を切り札的存在として期待する側面もあるだろう。だが西川は「どこでもいいから(スタメンで)試合に出たい。最低でも規定(打席)には数字を乗せたい」と、チーム内での”貴重な存在”から”絶対的な存在”になると誓う。

「主力として(試合に)出ることで責任が伴う。西川に責任感が出てくれば、言葉や行動が変わってくるはず。そうなった西川を見てみたい」

 チーム内でこういった声を耳にする。負けても、打てなくても、西川は悔しさを前面に出さない。厳しい表情はあまり見せず、人前では常に明るく振る舞う。強さのようでもあり、弱さを隠そうとする強がりにも見える。だが主力となれば、言動に責任が生まれる。周囲もまた、西川が選手として次のステージに上がることを期待している。

 今年も試合に出れば打つ――西川は黙って、その答えをバットで出していく。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)