カンナバーロ率いる広州恒大のブラジル代表が躍動。ACLで広島を圧倒

カンナバーロ率いる広州恒大のブラジル代表が躍動。ACLで広島を圧倒

カンナバーロ率いる広州恒大のブラジル代表が躍動。ACLで広島を圧倒の画像

サンフレッチェ広島は今季、2シーズンぶりにAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージを戦う。サポーターはきっと高揚しているはずだが、クラブはこの大会をどのように捉えているのだろうか。
 3月5日に行なわれたグループF初戦の相手は広州恒大だった。2010年に地元の大手ディベロッパーが買収し、2014年からはジャック・マー率いるアリババグループも大株主となったクラブだ。巨額投資で一躍中国サッカー界を牽引する存在となり、一昨季まで中国スーパーリーグを7連覇し、ACLも2度制している。
 しかし現在チームを束ねる元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロは、2度目の指揮を執り始めた昨季に8年ぶりにリーグ優勝を逃し、ACLでは前のシーズンまで自身が指導していた天津天海にラウンド16で敗退。また、2014年11月に初めて広州恒大に着任したときには、同シーズンの途中で職場を離れている。つまり充実の戦力が整うチームで、彼はまだ一度もメジャータイトルを獲得していないのだ。


広州恒大の指揮を執るカンナバーロ

 現役時代に2006年のドイツW杯を制し、バロンドールにも輝いたカンナバーロは、監督として”勝負のシーズン”に臨んでいる。この試合にベストメンバーを並べたところからも、意気込みの高さが伺えた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)