日本男子スピードスケートの進化に、新濱立也の「鈍感力」が必要だ

日本男子スピードスケートの進化に、新濱立也の「鈍感力」が必要だ

日本男子スピードスケートの進化に、新濱立也の「鈍感力」が必要だの画像

世界記録とはならなったが、今シーズン好調を維持した新濱立也

 標高1423mのソルトレークシティで行なわれた、スピードスケートW杯ファイナルの男子500m。2月16日に標高690mのインツェル(ドイツ)の国際大会で、加藤条治が持つ日本記録に0秒03まで迫る34秒24を出していた新濱立也(高崎健康福祉大)が、初の高速リンクとなるこの大会で期待されていたのは、世界で2人目となる33秒台だった。それを彼はあっさり実現させた。
 この日のレースは、全体的に好記録を期待できる展開が多く、まずは第3組インスタートで今季W杯表彰台4度の村上右磨(村上電機)が日本記録を0秒10更新する34秒11を出した。
 続く新濱もインスタートだったが、村上が日本記録を出したことで、「これはヤバイかな」という気持ちが生まれたという。それでも「自分を信じてレースをすれば大丈夫」と、スタートからゴールまで無駄な力を使わずに滑り切った。
「バックストレートで軽く躓きかけたけど、リラックスして自分のレースをした。タイムが出たという感覚もなく、ゴールしてバックストレートまで行った時にコーチのデニスがガッツポーズをしていたので、そこでやっと電光掲示板を見て33秒台が出たんだと知りました」
 同走の羽賀亮平(日本電産サンキョー)を少しリードして、33秒83と、この時点で世界新記録だった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)