森保Jの注目は香川真司。ミステリアスなのは31歳ベテランの選出だ

森保評は高くないと考えるのが自然だ。

 武藤も北川同様、アジアカップでパッとしなかった。北川より年齢がいっているので、そのぶん大化けする可能性も低い。森保監督が選択肢を他に求めたくなる気持ちは理解できる。

 アジアカップで貴重な戦力として重宝がられた塩谷、槙野そして青山は、いずれも30歳超だ。次回があるかどうか、微妙なラインにある。3人とも森保監督とはサンフレッチェ広島時代、監督と選手の関係にあったが、代表では立ち上げ期間限定の関係に終わるのではないか。
 一方、アジアカップでサブに甘んじながら、今回、再度選ばれた選手は、三浦弦太(ガンバ大阪)、室屋成(FC東京)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)、乾貴士(アラベス)、そしてGKのシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)の5人になる。

 たとえば、実績のある乾が、森保采配に不満を抱いていても不思議はない。今回、そうした選手に森保監督はどれほど出場機会を与えるだろうか。呼んでおきながら使わない。これを繰り返すと選手は腐る。チームのムードは悪くなる。

 過去に代表に選ばれた経験はあるが、森保ジャパンでは初という選手は、中村航輔(柏レイソル)、西大伍(ヴィッセル神戸)、香川真司(ベシクタシュ)、小林祐希(ヘーレンフェーン)、山口蛍(ヴィッセル神戸)、昌子源(トゥールーズ)、宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)になる。

関連記事(外部サイト)