赤星憲広が「欠点がない」と驚く逸材。投打のセンバツ注目選手

赤星憲広が「欠点がない」と驚く逸材。投打のセンバツ注目選手

赤星憲広が「欠点がない」と驚く逸材。投打のセンバツ注目選手の画像

春のセンバツは投手力――。

 選抜高等学校野球大会(センバツ)は冬が明けたばかりの3月に開催される。実戦感覚が戻っていないため、打者は調整が遅れがちになり、投手優位になりやすい。それがもはや定説になっている。

 だが、センバツの大会ハイライト番組『みんなの甲子園』(毎日放送制作)のメインキャスターを務める赤星憲広(元阪神)は、まったく逆の見方をしている。

「僕は、夏よりも”打つチーム”が勝てると思います。春に完璧に仕上げることが難しいのは投手も同じ。近年は打撃が強いチームほど結果を残している気がします」

 2017年から連覇した大阪桐蔭などは、その典型だろう。センバツに出場するほどのチームなら、だいたい好投手を擁しているもの。そのなかで優勝を争うとなると、最後は攻撃力がカギを握る。赤星はそう考えているのだ。

 今大会は右投手なら奥川恭伸(星稜高校/石川)、左投手なら及川雅貴(横浜高校/神奈川)が目玉選手と言われている。一方、打者の目玉は誰か。候補は挙がるものの、誰もが認める”大看板”はまだ見当たらない。

 そんななか、赤星はセンバツに向けた取材先で強烈な逸材に出会ったという。

「東邦高校(愛知)の石川くんを見て、久しぶりに感動しました」

 石川昂弥(たかや)。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)