野球美女・坪井ミサトがMLB選手に直撃。菊池雄星から逆取材された

野球美女・坪井ミサトがMLB選手に直撃。菊池雄星から逆取材された

野球美女・坪井ミサトがMLB選手に直撃。菊池雄星から逆取材されたの画像

プロ野球の始球式で剛速球を投げる「野球美女」として話題の坪井ミサトさん。モデル・女優としても活動しながら、小学校・中学校の9年間で野球に打ち込んだ経験を生かして、プロ野球だけでなくメジャーリーグの取材も精力的に行なっている。

 昨年からはアメリカでの現地取材も行なっており、今年は2月中旬から約1週間、アリゾナでのスプリングトレーニングに足を運んだ。さまざまな選手に取材を行なうなかで、日本で開幕戦(3月20日、21日)を迎えるマリナーズの菊池雄星にも単独でインタビュー。開幕2戦目の先発が濃厚とされている、西武ライオンズから移籍したばかりの”ルーキー左腕”が坪井さんに語った、メジャーリーグでの手ごたえとは。


マリナーズをはじめ、メジャー6球団の取材を行なった坪井さん

――昨年に続いて2度目のアリゾナ取材はいかがでしたか?

「昨年は最高気温が20度を超えるなど暖かかったのですが、今年は10度前後の日が多く、現地の方も『こんなことは珍しい』と困惑するほどの寒さでしたね。そんななか、日本人選手が所属するアリゾナ・ダイヤモンドバックス(平野佳寿)、ロサンゼルス・ドジャース(前田健太)、シアトル・マリナーズ(イチロー、菊池雄星)を含む、6球団を取材することができました」

――坪井さんから見た、メジャーリーグの練習の特徴は?

「チーム全体で行なう練習時間が2、3時間くらいで短いのが、練習量を重視する傾向にある日本のプロ野球と違うところなのかなと思います。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)