Tリーグで13戦全勝→初代MVP。早田ひなの成長ぶりがハンパない

Tリーグで13戦全勝→初代MVP。早田ひなの成長ぶりがハンパない

Tリーグで13戦全勝→初代MVP。早田ひなの成長ぶりがハンパないの画像

3時間を超える激戦に終止符を打ち、日本生命レッドエルフをTリーグ初代女王に導いた早田ひなは、試合終了の瞬間に歓喜の涙を流した。

Tリーグのプレーオフ・ファイナルで2勝を挙げた早田

 3月17日、Tリーグのプレーオフ・ファイナルが両国国技館で開催され、女子はシーズン2位の日本生命と、同1位の木下アビエル神奈川の対戦になった。第1マッチのダブルスは、日本生命の中国人ペアが石川佳純、木原美悠ペアを破って木下を一歩リードする。しかし第2マッチではエースの平野美宇がフルマッチの末に杜凱?(ドゥ ホイカン)に惜敗。その後も、お互い一歩も引かない展開で試合は進んでいく。
 第3マッチは、早田が袁雪嬌(エン シュエジャオ)を相手に、セットカウント2−2から最終ゲームで6度のマッチポイントをしのぎ、19−17で粘り勝ち。王手をかけられ後がなくなった木下だったが、エース石川が第4マッチで貫禄を見せつけて前田美優に完勝し、マッチカウント2−2でヴィクトリーマッチに突入した。
 1セットで勝負が決まる決戦の舞台に指名されたのは、早田と袁雪嬌。奇しくも、第3マッチと同じ顔合わせとなった。
「絶対に勝ち切ってみんなの笑顔が見たいと思っていた。相手の攻め方はわかっていたので、気持ちの勝負でした」
 その言葉どおり、早田は強気の試合運びで袁を上回る。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)