山本尚貴は「F1に乗りたい。でも……」。国内二冠王者の本音と現実

山本尚貴は「F1に乗りたい。でも……」。国内二冠王者の本音と現実

山本尚貴は「F1に乗りたい。でも……」。国内二冠王者の本音と現実の画像

国内モータースポーツシリーズの最高峰、「スーパーGT」と「スーパーフォーミュラ」。昨年、その両シリーズを同時に制する快挙を成し遂げたのが、30歳の山本尚貴だ。

 2010年に国内最高峰カテゴリーへステップアップした山本は、誰もが認める「ホンダのエース」であり、昨年の強さや安定感は突出していた。


14年ぶりの二冠王者に輝いた「ホンダのエース」山本尚貴

 TEAM MUGENから参戦したスーパーフォーミュラでは、シーズン全6戦(第2戦・オートポリスは悪天候で中止)のうち3レースで勝利。最終戦・鈴鹿ではニック・キャシディ(KONDO RACING)との死闘を制し、逆転で5年ぶりにシリーズチャンピオンを獲得した。

 スーパーGTでは、元F1王者のジェンソン・バトンと組んでRAYBRIG NSX-GTより参戦。シーズン序盤はスーパーGTに慣れないバトンを引っ張っていった。バトンはレースを追うごとに習熟度を増し、最終戦・もてぎでシリーズチャンピオンを獲得。山本にとってはスーパーGT初のタイトル獲得となった。

 国内最高峰のレースシリーズを両方とも制したのは、史上4人目。日本人ドライバーでは本山哲(2003年)以来ふたり目で、二冠王者の誕生は14年ぶり(リチャード・ライアン/2004年)である。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)