山本尚貴は「F1に乗りたい。でも……」。国内二冠王者の本音と現実

それにより、山本はF1参戦に必要なスーパーライセンスを得るための「スーパーライセンスポイント」の規定値をクリア。F1に参戦の可能性を手にしたのだ。

 スーパーGTの最終戦から2週間後、山本はF1アブダビGPを訪問した。その様子は国内外のモータースポーツメディアで報じられ、F1挑戦への期待の声が高まった。

 当時の状況、そして今の心境について、山本はこのように語る。

「あの時の話をすると、(国内二冠を獲得した後)F1に乗れるチャンスが0%ではなかったので、『そんなチャンスがある身でありながら、わざわざ自分からチャンスを手放すことだけはしたくない』と考え、アブダビGPに行かせてもらいました。まずは、今のF1の世界を知ることが大事だと思ったので。

 やっぱり、F1は特別な世界。あらためて『F1で戦ってみたい』という、レーシングドライバーとしての純粋な想いは強くなりました。結果的にF1のレギュラードライバーのシート獲得は叶いませんでしたが、今でもその想いは持ち続けています。

 F1ドライバーになることが『乗りたい』という気持ちだけでは実現できないハードルの高いステージだということは重々理解しています。また、自分としても『絶対にF1を目指すんだ!』と、そこまで強く言い切れない歯がゆさもあります。

関連記事(外部サイト)