目玉選手よりも「光る一芸」。スカウトが秘かに狙うセンバツの7人

目玉選手よりも「光る一芸」。スカウトが秘かに狙うセンバツの7人

目玉選手よりも「光る一芸」。スカウトが秘かに狙うセンバツの7人の画像

まもなく高校野球のセンバツ大会が始まる。

 例年、大会前になるとファンの注目を集めそうな”目玉”となる選手たちの話題が飛び交う。たとえば今年なら、星稜(石川)の奥川恭伸(やすのぶ)や横浜(神奈川)の及川雅貴(およかわ・まさき)がそれにあたるが、そうした”大物”以外にもプロのスカウトたちが秘かにマークする選手がいるものだ。そこで、何人かのスカウトに「要チェックしている選手」について聞いてみた。


東邦の俊足・強肩の遊撃手・熊田任洋

 ある球団の四国・中国地区担当のスカウトが推すのは、松山聖陵(愛媛)の根本大蓮(たいれん/投手/188センチ89キロ/右投右打)。

 昨年秋からエースナンバーを背負っているが、センバツ出場がかかった四国大会で実力を発揮できず、事実上、エースの座を下級生の平安山陽(へんざん・よう)に譲っていた。

「ここ一番になると、まだどっしり投げられない。それが昨年秋の根本でした。でも能力はある。それだけにセンバツで『おお、別人のピッチング!』というのを見せてくれたら、秋のドラフトは要注意です。やっぱり大舞台での”覚醒”というのは、何かを持っていると考えないといけませんから」

 松山聖陵は、昨年のドラフトでも土居豪人(ひでと)がロッテから8位で指名されている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)