坂本花織の自信。紀平梨花の強気。フリーで問われるのは適応能力だ

坂本花織の自信。紀平梨花の強気。フリーで問われるのは適応能力だ

坂本花織の自信。紀平梨花の強気。フリーで問われるのは適応能力だの画像

フィギュアスケート世界選手権が20日、さいたまスーパーアリーナで開幕した。初日の女子ショートプログラム(SP)では、最終グループに登場した日本の坂本花織とロシアのアリーナ・ザギトワがトップ争いを演じ、首位の座は最終滑走者のザギトワが自己ベストを更新する合計82.08点でさらった。会心の演技をした坂本も、自己最高の合計76.86点をマークして、首位と5.22点差の2位発進と好スタートを切った。


自己最高点をマークして世界選手権SP2位につけた坂本花織

「今日のショートは、点数で前の自分に勝てたので満足しています。フリーでも自分に勝てるように体調と気持ちを維持して臨みたいです。いままでなら、ショート後は『あそこもここもダメだった』と思うんですけど、初めての世界選手権でしたが、やりきった感じがするので楽しかったです」(坂本)

 試合後にそう振り返った坂本は、最終グループの1番滑走だった。世界選手権初出場ながらも舞い上がることなく、ほどよい緊張感を見事にコントロールしてみせ、『フロム・マイ・ファースト・モーメント』の曲に乗ってノーミス演技を披露した。

 プログラム冒頭に跳ぶ3回転フリップ+3回転トーループの連続ジャンプで、持ち味の高さと幅のある鮮やかなジャンプを決めると波に乗った。しっかりと音に合わせた振り付けと、ジャンプの着氷が相まって演技に引き込み、ほかのジャンプも出来栄え点で加点が多くつく申し分ない出来だった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)