レブロンとレイカーズの誤算。不協和音が響きプレーオフ進出が絶望的

レブロンとレイカーズの誤算。不協和音が響きプレーオフ進出が絶望的

レブロンとレイカーズの誤算。不協和音が響きプレーオフ進出が絶望的の画像

現地時間3月18日、マディソン・スクウェア・ガーデン(MSG)でのニューヨーク・ニックス戦は、思い通りにならなかった今季のロサンゼルス・レイカーズを象徴するような内容、結果だったと言えるだろう。
 リーグ最悪勝率でイースタン・カンファレンス最下位のニックス相手に、残り3分44秒で11点のリードを奪い、もう”安全圏”かと思えた。しかし、そこから逆転を許すと、最後は再逆転を狙ったレブロン・ジェームズのシュートがブロックされて万事休す。”現役最強プレーヤー”の呼称をほしいままにしてきたレブロンが、ディフェンスが得意ではないマリオ・へゾニャに止められてしまうという予想外の結末になった。
「ゲームを締めくくることができなかった。僕も勝負所で十分なプレーができず、ショットを決めることができなかったんだ」


18日のニックス戦で天を仰ぐレブロン

 試合後、MSGの通路で多くのメディアに取り囲まれたレブロンは、諦観(ていかん)すら感じさせる表情でそう述べた。
 レイカーズは続く20日の試合にも負け、直近10戦で9敗。個人としては過去8年連続でファイナルに進んできたレブロンだったが、ウェスタン・カンファレンス11位に沈むレイカーズはプレーオフ進出が絶望的な状況になっている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)