コロンビアは中島翔哉を評価。指揮官は4つの言葉で日本の特長を表現

コロンビアは中島翔哉を評価。指揮官は4つの言葉で日本の特長を表現

コロンビアは中島翔哉を評価。指揮官は4つの言葉で日本の特長を表現の画像

3月22日、日産スタジアム。南米の雄、コロンビアは日本を0−1で下している。

「日本はパーソナリティを感じさせるチームだった。ボールを持ったときの判断、選択が明快だった」

 コロンビアのエースFWで、決勝点を記録したラダメル・ファルカオは、日本の印象をそう語っている。

「日本はいいプレーだった。とくに前半はね」

 同じくコロンビアを代表するファンタジスタ、ハメス・ロドリゲスも敵にそんな評価を与えている。

 賞賛、それに近いだろうか。言葉の端々から、日本サッカーへの敬意が伝わる。しかし、そこには勝者の余裕もあるかもしれない。

 2014年ブラジルW杯、控え組中心のコロンビアは、日本を4−1と粉々に打ち砕いている。しかし、2018年ロシアW杯では、早々に退場者を出したこともあって、1−2と散々の形で敗れ、大会から去った。因縁は深い。

「カルロス・ケイロス監督にとっては船出。1月のアジアカップではイランを率い、準決勝で日本に敗れている。負けられない」

 国内メディアもそう煽っていた。では、コロンビアは日本の実力をどう見たのか?


コロンビアのメディアから高く評価されていた中島翔哉

「日本は4−4−2のシステムで、非常に整備された戦いで挑んできました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)