渡辺久信だから言える。監督「森×野村」、捕手「伊東×古田」の違い

渡辺久信だから言える。監督「森×野村」、捕手「伊東×古田」の違い

渡辺久信だから言える。監督「森×野村」、捕手「伊東×古田」の違いの画像

西武×ヤクルト “伝説”となった日本シリーズの記憶(18)

【初戦先発】西武・渡辺久信 後編

(前編の記事はこちら>>)

森祇晶と野村克也の違い

――後に渡辺さんはスワローズに移籍します。在籍は1998年の1年間だけでしたが、このときには野村克也監督の下でプレーをし、古田敦也捕手とバッテリーを組んでいます。そこで、ライオンズとスワローズの類似点や相違点などを伺いたいと思います。まずは、ライオンズ・森祇晶監督と、スワローズ・野村克也監督についてはいかがでしょうか?

渡辺 ずっと西武で野球をやっていた僕が、西武から戦力外通告を受けた1998年にヤクルトに移籍したのは、「野村さんの下で野球をやりたい」という思いがあったからです。森さんと野村さんは、一見すると似ているけど、「全然違うな」と僕は思いますね。

――具体的にはどのような点が違うのですか?

渡辺 森監督は、選手の性格をきちんと把握されている監督でしたね。選手の性格を見極めた上で、「こいつには厳しく言っても大丈夫」とか、「こいつは、おだてておいたほうがいい」といったように、使い分けていたと思います。僕や工藤さんはいつもボロカスに言われていました。他の人には言えない分を、僕たちに向かって吐き出している感じでしたね(笑)。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)