超大物選手の移籍で勢力図が一変。今季のメジャーを小島圭市が解説

超大物選手の移籍で勢力図が一変。今季のメジャーを小島圭市が解説

超大物選手の移籍で勢力図が一変。今季のメジャーを小島圭市が解説の画像

先週、オークランド・アスレチックスとシアトル・マリナーズの公式戦がひと足早く日本で開催されたが、いよいよ本格的なメジャーシーズンが始まった。ブライス・ハーパー、マニー・マチャドといった大物が移籍し、勢力図は一気に変わった。今シーズンのメジャーの行方はどうなるのか? 元ロサンゼルス・ドジャースのスカウトで、現在はアリゾナ・ダイヤモンドバックスの顧問を務める小島圭市氏に、各地区の展望を占ってもらった。


2012年から7年連続2ケタ勝利中のクリス・セール

ア・リーグ東地区

 昨年は、ボストン・レッドソックスとニューヨーク・ヤンキースが最後まで優勝を争いましたが、今年も同様の展開になるでしょう。

 昨季ワールドシリーズを制したレッドソックスですが、このオフはとくに大きな補強もなく、クローザーだったクレイグ・キンブレルが退団。それでも攻撃力はメジャー屈指で、昨年MVPのムーキー・ベッツを筆頭に、ザンダー・ボガーツ、ラファエル・デパースと20代の野手がチームの中心を担うなど、チームに勢いを感じます。

 投手陣もクリス・セール、デビッド・プライス、エドゥアルド・ロドリゲスと、先発に左腕3人を擁し、2016年のサイ・ヤング賞投手であるリック・ポーセロもいる。抑え不在という不安はありますが、投打のバランスは抜けています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)