森保J「大迫の代わりがいない」以外の新たな課題が明らかになった

攻撃のバリエーションを増やさないと厳しい。
 FWには鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)と鎌田大地(シント・トロイデン)が招集された。Jリーグで結果を残しているものの、大迫とはプレースタイルの異なる武蔵にポストプレーを求めるのはやはり酷なこと。事実、コロンビア戦では、前線にボールがおさまらないことで2列目の選手と前線の連動が少なかった。
 一方の鎌田はボリビア戦で先発起用されたが、相手がゴール前にベタ引きする戦い方をしたこともあって、彼の持ち味であるDFラインの裏への抜け出しが発揮できる展開にならなかった。ただ、随所に光るプレーを見せてくれた。
 中盤に引いてボールを受けるにしても、プレーは丁寧で視野を確保できるボールの持ち方ができており、狭い局面でもいい判断と高い技術力をしっかり発揮していた。個人的には、彼を2列目で起用したらどうなるか見てみたい。
 大迫ほどのポストプレーができる選手はすぐに現れるものではない以上、日本代表は1トップにこだわらない戦い方をしてもいいだろう。もちろん、対戦相手や試合展開に応じてということだが、鎌田や南野拓実(ザルツブルク)を『偽9番』として起用して、ポジションを入れ替えながら攻撃を組み立てる「ゼロトップ」的な方法を模索することも考えてもいい。
 また、攻撃で存在感を示したのが中島なら、守備では冨安健洋(シント・トロイデン)が圧倒的な存在になりつつある。

関連記事(外部サイト)