日本初の格闘技イベントでメイン。青木真也は重圧にも「感謝してる」

日本初の格闘技イベントでメイン。青木真也は重圧にも「感謝してる」

日本初の格闘技イベントでメイン。青木真也は重圧にも「感謝してる」の画像

3月31日、シンガポールの格闘技団体「ONE Championship(以下:ONE)」のイベントが、両国国技館で開催される。
 ONEはキックボクシング、ムエタイ、総合格闘技、グラップリングなど、あらゆる格闘技を網羅した団体。アジアの主要スタジアムで行なわれる各大会の視聴者は138カ国17億人に上り、各国から実力ある選手が集っている。
 そんなONEの日本初となる大会「ONE:A NEW ERA −新時代−」のメインを務めるのが、日本の青木真也(35歳)だ。かつて、卓越した寝技で「PRIDE」などでファンを沸かせ、2012年にONEと契約を交わしてから団体を象徴する選手として活躍を続けてきた青木が、ライト級世界タイトルマッチの挑戦者として戦いに臨む。
 大舞台を前にインタビューに応じてくれた青木は、ファンにはお馴染みの”歯に衣着せぬ”口調で、格闘家の枠を超えた人間としての生き方を語った。


格闘技イベントONEのメインを務める青木真也

――近年は海外での試合が多いですが、日本のほうが調整はしやすいですか?
「やりづらいです。こういうインタビューとか、いらない仕事が多いからね。それは冗談ですけど(笑)。調整は海外での試合とあまり変わらないですよ」
――日本でのMMA(ミックスドマーシャルアーツ=総合格闘技)の試合は2015年12月の桜庭和志選手との対戦以来となるので、楽しみにしているファンも多いと思います。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)