ファンは置き去り。アーセナルの大富豪オーナーの強欲さが無慈悲だ

ファンは置き去り。アーセナルの大富豪オーナーの強欲さが無慈悲だ

ファンは置き去り。アーセナルの大富豪オーナーの強欲さが無慈悲だの画像

フットボール・オーナーズファイル(10)
スタン・クローンキー/アーセナル
(前回の記事はこちら>>)
 ファンとオーナーの間で、成功の意味がこれほどまでに違うフットボールクラブも珍しい。マンチェスター・ユナイテッドもそうだが、その宿敵であるロンドンの名門アーセナルでも、そのギャップは甚だしい。ただし、両者のオーナーがどちらもアメリカ人ビジネスマンであることを考慮すれば、その状況が理解できるようになる。

今季はリーグで好調を維持するアーセナルだが...... photo by Getty Images

 2007年からアーセナルの親会社の主要株主となり、2018年夏に全株式を手にしたのはスタン・クローンキーだ。現在71歳のアメリカ人ビリオネアは、不動産やスポーツ・フランチャイズのオーナーシップで財を成してきた。彼は自身が保持する”ガナーズ(アーセナルの愛称)”に満足している。なぜなら、そこには莫大な利益があるからだ。
 しかしピッチ上では長らく、プレミアリーグのタイトルから見放され、かつてアーセン・ベンゲル元監督のもとで無敗優勝を成し遂げ、”インビジブルズ”(無敵)と呼ばれた2000年代初頭のチームの面影はない。2010年代に獲得したタイトルは、3つのFAカップのみ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)