センバツで惨敗。星稜・奥川の打倒を目標にしていた広陵の誤算

センバツで惨敗。星稜・奥川の打倒を目標にしていた広陵の誤算

センバツで惨敗。星稜・奥川の打倒を目標にしていた広陵の誤算の画像

2018年秋の明治神宮大会で星稜(石川)の奥川恭伸に11三振を奪われ、わずか3安打で7回コールド負け(0−9)した広陵(広島)。中井哲之監督はその試合後にこう語った。
「広陵が全国大会でコールド負けをしたということをよく考え、『あの負けがあったからセンバツで勝てた』と言えるようにしたい」
 そして迎えたセンバツ初戦の八戸学院光星(青森)戦では、先発した河野佳の完封勝ちで汚名をそそいだかと思われたが……。2回戦で東邦(愛知)に2−12という大敗を喫した。
 河野は初回に2点を奪われ、3回にも4失点。この回でマウンドを降りた。リリーフに立った石原勇輝も打たれ、7回が終わった時点で0−9。甲子園大会でなければコールド負けという一方的な展開になった。


3回に東邦の石川にホームランを浴びた広陵の河野

 試合後に中井監督はこう語った。
「試合を始める前に負けてしまったような展開でした。完敗です」
 東邦の石川昂弥は強打で知られるスラッガーであり、最速143キロのストレートを持つ大会注目のピッチャーのひとりでもある。広陵打線は足を絡めて主導権を握ろうとしたが、石川に6回までわずか4安打。三塁も踏めず0点に抑えられた。8回にリリーフ投手から2点を奪ったものの、得意の競り合いには持ちこめなかった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)