エースを際立たす「最遅」効果。習志野の17番は緩急に活路を見出す

エースを際立たす「最遅」効果。習志野の17番は緩急に活路を見出す

エースを際立たす「最遅」効果。習志野の17番は緩急に活路を見出すの画像

甲子園のスコアボードには、投手が1球を投げるたびに球速が表示される。さすがに150キロが出たときにはため息と歓声が混ざったような声が上がるが、近年は、甲子園に登場する投手の球速が上がっており、140キロ後半ではもう観客は驚かない。

 習志野(千葉)と市立和歌山(和歌山)との準々決勝第1試合では、こんな数字が次々に表示された。

 94、92、94、109、92、104、96、107、94、102、95、95、106……。

 念のために書いておくが、単位は「キロ」である。メジャーリーグ中継で見られる「マイル」ではない。

 習志野の先発投手を務めた背番号17、岩沢知幸(3年)は身長173センチ、体重63キロ。選手名鑑によれば、50メートル走は6秒9。遠投は85メートル。どこから見ても甲子園出場の選手としては普通の高校生だ。


2戦連続で先発のマウンドに立った習志野の岩沢

 だが、プロ注目の奥川恭伸(3年)を擁する星稜との2回戦でも、先発マウンドに上がったのは、この岩沢だった。1回3分の2を投げて1失点だったものの、0−1でエースの飯塚脩人(3年)につなぎ、飯塚が7回3分の1を3安打無失点(投球数は96)に抑えて逆転勝ちを呼び込んだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)