スペインの知将が森保Jをぶった斬る。「プレースピードが遅い」

スペインの知将が森保Jをぶった斬る。「プレースピードが遅い」

スペインの知将が森保Jをぶった斬る。「プレースピードが遅い」の画像

ミケル・エチャリのコロンビア戦レポートを読む>>

「日本のプレーはスローだった。ポゼッション率は高かったが、横パスが多すぎた。なかなか”ラインを破るパス”を入れられていない。中島翔哉(アル・ドゥハイル)、堂安律(フローニンゲン)の投入で、攻撃はスピードアップしたが……」

 スペイン人指導者、ミケル・エチャリ(72歳)は、1−0で勝利した日本代表のボリビア戦について、そう語っている。

 2012年、エチャリはバスク代表(FIFA非公認)を率いて、ボリビアを6−1と粉砕している。守りにおいては堅実なファイターだが、対応力に限界のあるボリビアを、戦術的に完全に打ち負かした。弱点を見極めるスカウティングは、まさに知将ならでは、だった。

 そのエチャリは、ボリビアと戦った日本をどのように評価したのか。


ボリビア戦で何度もインターセプトに成功していた橋本拳人

「日本はボリビア戦をテストと位置づけたのだろう。主力中心だったコロンビア戦からスタメンを全員入れ替えた。4−2−3−1というシステムで選手を試しながら、高いレベルでプレーできる個々の力量を見極める試合だったか。

 対するボリビアは、4−4−1−1を採用。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)