吉川尚輝が開幕から絶好調。巨人の「セカンド固定」問題に終止符を打つ

吉川尚輝が開幕から絶好調。巨人の「セカンド固定」問題に終止符を打つ

吉川尚輝が開幕から絶好調。巨人の「セカンド固定」問題に終止符を打つの画像

「原(辰徳)監督に1番と言われたので、思い切ってやろうと思います」


巨人の1番・セカンドとして開幕を迎えた吉川

 シーズン開幕直前、巨人の1番を任された吉川尚輝はそう意気込みを語った。昨年は2番・セカンドとして92試合に出場。今年は侍ジャパンのメンバーにも名を連ね、プロ3年目の今シーズンは開幕から4試合で打率5割と好調なスタートを切るなど、さらなる飛躍が期待されている。

 吉川は、甲子園や社会人野球でも活躍した父・好(このむ)氏の影響で、5歳のときに野球を始めた。中京高校(岐阜)では1年夏からレギュラーとして活躍。父のように甲子園の舞台を踏むことはできなかったが、中京学院大学に進学すると才能を開花させた。

1年春から攻守に渡ってチームの中核を成し、4年時に自身初となる日本一に輝く。個人でも首位打者や本塁打王などあらゆるタイトルを総なめにしたことで、名実ともに「大学ナンバーワンの内野手」と呼ばれるようになった。

 吉川は野球選手に必要とされる、あらゆる能力を兼ね備えている。50m5秒7の脚力、強靭なパワー、どんなボールにも食らいついていくバットコントロール、そして、高い身体能力と技術を生かした守備。”走攻守”の三拍子が揃い、「プロで即戦力になる」と太鼓判を押された吉川を、巨人は2016年のドラフト1位で獲得した。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)