【木村和久連載】プロも惑う新ルール。アマチュアならこんなのもアリ

プライベートラウンドなら、たとえば同伴メンバーがひとりでもボールの方向を見ていて、明らかにセーフの場所に飛んでいたら、ロストボールとなっても1ペナにするとかね。そういうことをやっているアマチュアはたくさんいます。

 もちろん、練習ラウンドのことですからね。他にも「雪ルール」、「枯れ葉ルール」と言って、コース内に邪魔するものがたくさんある場合、そこでボールを見失ってもセーフにするとか、いくらでもやりようはあります。

 アマチュアのプライベートラウンドは、せっかく簡略化したルールがあるのですから、もっと甘やかしたほうがいいです。

 甘えついでに、1ペナの処置も考えたいです。通常、1ペナは黄色杭のそばから打っていますが、OBの扱い同様、フェアウェーまで出して打ってもいいと思います。
 なるべく叩かないようにプレーする。そうすれば、自ずと進行も速まり、ストレスなくゴルフができるってものです。

 あっ、そうそう、肝心のドロップですが、これはみなさん、膝の高さからのほうが楽だし、得した気分になるので、率先してやっています。昔のルールのまま間違って肩の高さからボールを落としても、「それは昨年までだから」と言って、やり直して終わり。昔のルールでやってペナルティーって、あり得ないでしょう。ファウラーが怒るもの無理もありません。

関連記事(外部サイト)