神野大地がMGCで勝つための戦略。エチオピア合宿で何を得てくるか

神野大地がMGCで勝つための戦略。エチオピア合宿で何を得てくるか

神野大地がMGCで勝つための戦略。エチオピア合宿で何を得てくるかの画像

神野プロジェクト Road to 2020(29)
前回の記事はこちら>>
 神野大地は、3月3日の東京マラソンでMGC(マラソン・グランド・チャンピオンシップ)の出場権を獲得した。
 今まではMGCの出場権を獲ることに集中してきたが、今度は東京五輪のマラソン代表の座を射止めるために、MGC本番で2位内に入ることを目標にトレーニングを重ねていくことになる。本番まで半年という時間は決して長くはなく、神野はそこに至るまでに新しいことに取り組むこともトレーニングを変える必要もないと考えている。

中野ジェームス修一氏(写真奥)とトレーニングに励む神野大地

「継続と積み重ねが重要だと思っているので……」
 神野はキッパリとそう言った。
「今まで、僕はずっと中野(ジェームス修一)さんと2020年の東京五輪でメダルを獲るためにトレーニングを積んで来ました。MGCを取るための体作りは昨年の段階でとっくにできていたんですが、腹痛が起きて取れなかった。ようやく東京マラソンで獲れましたけど、今度はMGCに勝つためにゼロからのスタートだよね、ということにはならないんです。僕はMGCを獲り、MGC本番で勝つことも含めてトレーニングをずっと続けてきました。ここからすごい力をつけていかないとMGCは戦えないよねっていうことではなく、自分にとってはもうそのトレーニングもしてきているので、あえて特別なことをする必要がないんですよ」
 レイヤートレーニングは47回目、体幹を鍛えるループトレーニングも継続している。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)