ダノンキングリーが凄まじく成長。打倒サートゥルナーリアへ絶好調だ


 GI朝日杯フューチュリティS(12月16日/阪神・芝1600m)の覇者で、4戦4勝のアドマイヤマーズをはじめ、話題の素質馬が集うなか、最内1番枠からスタートしたダノンキングリーは、3〜4番手のインを追走。直線に入ってしばらくすると、逃げたアドマイヤマーズの内を突いて、鮮やかな差し切り勝ちを収めたのだ。

 32秒9の上がりをマーク。粘り強さが身上の2歳王者を並ぶ間もなくかわし、最後は1馬身4分の1ちぎった。底知れない瞬発力を見せた新たなクラシック候補の登場に、多くのファンが胸を躍らせた。

 地方交流GIのJBCスプリント(川崎・ダート1400m)を含め、中央・地方のダート重賞で9勝を挙げているダノンレジェンドを兄に持つダノンキングリー。兄とは違う舞台で脚光を浴びることになったが、同馬に関わる人々の評価は兄同様にすこぶる高い。

 とりわけトーンが上がっているのが、主戦の戸崎圭太騎手。全3戦コンビを組んでいる鞍上の絶賛ぶりを、関東競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「(戸崎騎手は)どちらかというと控えめなコメントの多いジョッキーなんですが、ダノンキングリーに関しては、デビュー時から一貫して手放しで称えています。『体のバネ、それによって生まれる最後の切れ味は、かなりのもの』と語ったうえで、『折り合いもまったく問題がなく、皐月賞はもちろん、日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)まで楽しめる』と話していました」

 戸崎騎手は、昨年もエポカドーロで皐月賞を制し、ダービーでも2着に入っている。

関連記事(外部サイト)