世界国別、日本の連覇には宇野の復調と紀平のトリプルアクセルが不可欠

世界国別、日本の連覇には宇野の復調と紀平のトリプルアクセルが不可欠

世界国別、日本の連覇には宇野の復調と紀平のトリプルアクセルが不可欠の画像

トリプルアクセル成功に期待がかかる紀平梨花

 4月11日から「世界フィギュアスケート国別対抗戦」が福岡市で開催され、日本とロシア、アメリカ、フランス、イタリア、カナダの6カ国がエントリーし、シングルは各国男女2名ずつ、ペアとアイスダンスは1組ずつ計24名が出場する。
 ショートプログラム(SP)、フリーともにシングルは1位の12点から12位1点までポイントがつく。ペアとアイスダンスは、1位12点から6位7点のポイントが与えられ、その合計得点で優勝が争われる。
 前回、3大会ぶり2回目の優勝を果たした日本だが、連覇を目指すうえで重要になるのは女子シングルだ。ロシアは世界選手権優勝のアリーナ・ザギトワと3位のエフゲニア・メドベデワが出場せず、8位のソフィア・サモドゥロワと世界選手権補欠だったエリザベータ・トゥクタミシェワが出場する。
 今季、安定感抜群の結果を残しているトゥクタミシェワの底力は要注意だが、日本代表の紀平梨花と坂本花織は、互角以上の勝負ができるはずだ。アメリカのブレイディ・テネル(世界選手権7位)とマライア・ベル(9位)のほか、各国代表よりも、紀平、坂本は上位に入る実力を持っているだけに、ふたりが世界選手権でメダルを逃した悔しさをここでぶつければ、SP、フリーでワンツーを決める可能性も十分ある。
 気をつけたいのはSPでの取りこぼしだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)