「それは仙さん、筋が違う」山田久志は島野育夫の阪神移籍に抗議した

「それは仙さん、筋が違う」山田久志は島野育夫の阪神移籍に抗議した

「それは仙さん、筋が違う」山田久志は島野育夫の阪神移籍に抗議したの画像

連載「礎の人 〜栄光の前にこの人物あり〜」第4回:山田久志(後編)
前編はこちら>>
――やはり星野仙一さんが、阪神に行ってしまったということが、プランとしても大きく狂ったと思うのですが。
「あそこで想定外だったのは、サッチー問題(当時阪神の監督だった野村克也の夫人・沙知代が脱税で逮捕され、野村が辞任)なんだよね。あれが私と星野さんをギクシャクしたほうに持って行くんです。『仙さん、私はあんたに呼ばれたんで、一緒にユニフォームを脱ごうと思って覚悟してるんだけど、あんたがそこまで言うなら(監督を)引き受けましょう。その代わり3年間やったらあんたも帰ってくる?』という話からスタートしたんです。『俺はもう1回ドラゴンズで勝負するつもりはあるよ』ということで引き受けているんです」

中日・山田、阪神・星野。公式戦初対決を前にあいさつを交わす両監督


――星野第三次政権があったと。
「あったんです。『じゃあ私が3年間やって、今のチームより必ずいいチームにして、もう1回あんたにバトンタッチすることを約束します』『わかった』と。そういう話でした」
――それが阪神の監督に。支えてくれるべき人が、むしろ同じリーグの監督になってしまった。しかも二軍監督の島野育夫さんまで連れて行った。
「新聞辞令で『阪神監督星野、有力候補』と出て、最初見た時にこれはありだなと思いました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)