「それは仙さん、筋が違う」山田久志は島野育夫の阪神移籍に抗議した


 とくに山田が就任したときは、主力のふたりの仲が険悪で、チームが瓦解しかねない空気もあった。これらを整理、払しょくして勝ちに向かうひとつの集団にするためには、憎まれ役を厭わない人物の荒療治が必要であった。
 ほとんどの人からはヒールと目されたが、それでも外様である山田が、何を成し遂げてくれたのか。理解している人物が名古屋にもいた。その恩を山田も忘れていない。
「私は、監督として成功したとは言わないんだけれども、中日の選手の能力というのは、見極めてこれだなと自分の中では思ったわけです。私が自分でツイてないということを考えれば、あの時、1年目はジャイアンツにぶっちぎられて、2年目は阪神にぶっちぎられて、それが星野さんだったでしょう。あそこが中日の会社全体が許せないということになったんじゃないかと思うね。でも、ようやく3年目は上位2チームと対等に戦えるという気持ちでずっと見ていたから残念だった」
 実際、山田が解任された後、佐々木恭介ヘッドコーチが率いたチームは連勝を続け、2位になっている。
 あの時にサッチー問題が起こらなかったらどうなっていたでしょう?と問うた。
「それだったら、星野、山田のタッグがもう1回あったかもわからんね。それでおそらく日本一を取っている可能性がありますね。私は自信があった」
 しかし、それを壊してしまったのは星野本人である。

関連記事(外部サイト)